出産後の恥骨の痛みの原因と対策について

赤ちゃんを出産するという大仕事を終えた後の女性の体はすぐに元に戻るわけではなく、色々な不調が起こる場合があります。
その一つとして挙げられるのか、産後の恥骨の痛みです。恥骨が痛くなると動くのも億劫だということになりますが、なぜ恥骨の痛みは起きるのでしょうか?
そしてどのように対策をしたら良いのでしょうか?

1.恥骨の痛みが起こる原因とは
出産に備えて女性の骨盤がゆっくりと開いていき、お産の準備に入ります。骨盤が開くことによってその周辺の靭帯も一緒に開いていき、恥骨もつながっているので、恥骨周辺の靭帯も緩むということになります。そうして靭帯が開いていき赤ちゃんが大きくなると、その重みが恥骨にかかるようになり、出産前から恥骨が痛いという妊婦さんも少なくありません。

出産後にすぐに骨盤が元に戻っていけば良いのですが、一度開いてしまった骨盤が戻るには時間がかかります。
その為に骨盤が開いたままで恥骨に重みがかかり、痛みを感じるということになります。

2.骨盤を固定するコルセットを使う
恥骨痛を改善するためには、骨盤を締めて妊娠前の状態に戻すことが大事になってきます。
その為に活躍するのが骨盤を締めるコルセットを使うことです。
産後に骨盤を締めるために使うベルトとして、コルセットが通販などでも売られていますし、ベビー用品店などでも取り扱いされています。

出産前に用意しておけたらベストですが、もしも用意していないという場合には、すぐに用意をして骨盤を固定するために使用してみましょう。
装着の仕方が間違えていると正しく固定できないので、産婦人科などで固定してこれで良いかと聞いてみたり、使用方法をしっかりと読んで
使用をするようにしましょう。

私は出産を二回経験していますが、出産経験者である母や祖母からも産後はベルトを使って元に戻すようにとアドバイスされていたので
欠かさずに装着していました。恥骨痛みを感じる時もありましたが、時間の経過とともに少しづつ落ち着いていきました。

3.普段の生活を見直す
恥骨痛を改善するには普段の生活における姿勢というものもとても大事になってきます。
姿勢を正すことによって、痛みを感じにくくなるのです。
猫背にならないようにして姿勢をしっかりと正すこと、椅子に座る時には背筋を伸ばすように心がけましょう。

また同じ姿勢が長く続くことで恥骨に負担がかかりやすくなるので、長時間同じ姿勢で座りっぱなし、立ちっぱなしを避けて
時には姿勢を変えることも心がけましょう。

私は授乳をする時には低めの椅子に座るようにしていて、そこに授乳クッションを置いて赤ちゃんの高さを調整すると、負担なく授乳できました。
産後1ヶ月検診があるのでそれまでにどのぐらい改善されているかを確認して、そこでもまだ痛いというのであれば医師に相談することがお勧めです。
少し動くだけで痛く日常生活に大きく支障が出ているという場合には、早めに受診するようにしましょう。

出産による恥骨の痛みは程度の差はあれ、誰にでも起こることだと言えます。
うまく付き合って乗り越えていけるように、参考にしてくださいね。