夫婦ともに不妊!

10代の頃から多嚢胞性卵巣症候群と診断されており、無月経無排卵状態だった私。自然妊娠が難しいことを10代から知っていたので、お付き合いする男性にもその旨を伝えて付き合ってきました。殆どの男性が楽観的だったのが救いでした。
今の主人は前妻との間に子供はいるものの、精子の数が少ない傾向にあると指摘された経験があったようで、一層私の不妊に理解が強かったです。
主治医に子供がほしいことを伝えて、まずは排卵誘発剤(クロミッド)で排卵を促す治療からスタート。卵胞チェックをして貰うも、卵胞が育たつタイミングすら取れない日々。
そんなある日、主人が自分も精液検査がしたいと言い出し検査をお願いしたところ、精子の運動率が3%で精子無力症と診断され、私の卵胞ももっと強い刺激を行った方がいいということで顕微受精を勧められました。
不妊治療が必要だとは思っていたものの、まさか顕微受精までするとは思ってもおらず相当悩みました。
でも悩んでいても自然に子供ができる可能性はほぼゼロなので、顕微受精にステップアップすることを決断。不妊治療に定評のあるクリニックに転院し治療をスタートさせました。
クリニックの先生に、あなたなら必ず妊娠できますよと言われたのがとても心強かったです。
それからは目まぐるしい日々でした。排卵誘発のホルモン剤を打ちまくり、採卵し、またホルモン剤を補充して移植をする。OHSSにもなったし、すごく痛い子宮鏡検査も行いました。妊娠判定の時に陰性だったときの悲しみは半端ないものでした。
それでも比較的順調に顕微受精を始めて半年ほどで妊娠することができました。3回目の凍結胚盤胞移植でした。
先生方の自信溢れる治療方針と、主人の理解とフォローがあっての妊娠だったと思います。
あの時早めにステップアップを決断し、良いクリニックにめぐり合い本当に良かったと思います。
今はまた同じクリニックで2人目治療を再開させたばかりです。兄弟ができるように頑張りたいと思います!

体が衰えてしまっても、妊活をしっかり行えば。

私は30代後半の女性です。3歳になる娘がいるのですが、とても可愛くて、子供を作って良かったなと感じました。今現在の夫となかなか子作りをしたとして も、妊娠ができないことに悲しみを覚えていました。妊娠しにくい原因としては、年齢を重ねていくと、卵子も年を取っていき、まともに卵子の数が少なくなっ てしまうため、自然に妊娠できることが出来なくなります。その妊娠の原因を解消されていきたいために、簡単にできる妊活を行うことにしました。一般的に行 われている妊活としては、基礎体温を保って大切にしていき、生活を送っていくことです。基礎体温というものは、起きる前に測定していく体温です。いまだ と、デジタル体温計で記録するものがあるので、体温を測った後は記録をこまめにしています。基礎体温が下がってしまうと、妊娠しにくいともわかりますの で、体を温めていき工夫としては、暖かい飲み物や暖かいご飯を食していたりしています。それだけやっているおかげで、基礎体温を保っていき、子作りに専念 していくうちに、妊娠しやすくなっていたので嬉しく感じました。なので、年をとっていても、しっかりと妊活を行っていれば、妊娠できるということがわかり ます。

体を温める食べ物を食べていくだけで。

私たち女性は男性と比べて、冷え性になりやすい体質を持っている体です。体を冷やすことによって、妊娠力が低下していき、子作りしたとしても、妊娠しにく い事になってしまいます。なので、体を温めている食べ物を食べていき、体を温めて、妊娠力を上昇させていこうと考えました。

基本の体温としては、36.5 度を保っているだけで、ダイエットになったり、免疫力を上げてくれることもあるので、妊娠しやすいこともあるので、お得感があります。なので、基本の体温 の36.5度を保つために、暑い夏や寒い冬の季節に関係なしに、温かい燃焼スープを作り、食すことにしました。

体を温めてくれたおかげで手足が冷えてたの が、温かくなっていき、体温計で測ってみると、基本の体温に達していたので嬉しく感じました。そして、妊娠しにくくて困っていた子作りだったのが、自然と 妊娠できる体作りの体質になっていきました。その後としては、妊娠が出来て、今現在で、3歳の娘と1歳の息子ふたりできたので幸せに感じております。

なの で、温かい食べ物を食べたおかげで、苦労を重ねてきた日々だったのですが、自然と妊娠しやすいものになっていた結果となり、勉強させていただきました。